妹のアトピー

妹は小さい頃からアトピーがひどかった。
生後1か月ほどで発症したらしく、
母は毎晩、妹の体をかきながら寝ていた。
妹も熟睡した事があったか定かではないほど毎晩泣いていた。

そして、小学校になってもなかなか治らず、
また当時はアトピーなんて名前もなかったから、
小児湿疹と医者からは診断され、じきに治ると言われた。

しかし、高校生になっても社会人になっても治らず、
今現在47歳だが、相変わらず苦労をしている。

「一番いやなのは毛深くなっちゃったことよね・・・。」と妹は言う。
多分薬の副作用だと言うのだが、体全体の毛が濃いのだ。

先日、久しぶりに妹の腕を見たら、毛が薄くなっていた。
聞いてみたら、自分で処理をしているらしい。
テープではがしたり、クリームを塗ったり。

まあ、アトピーも相変わらずなので、
処理するのも、躊躇はあるだろうなあ。
でも、小さい頃から苦労をしているので、
毛深いことはもちろん嫌だろうけど、あまり気にしていない。

「まあ、結婚できたし子供にも恵まれたし・・・幸せよ。」
私は苦労せずに体毛の濃さに悩むこともなかったから、
だから、彼女より打たれ弱いし甘えてるんだなあと思ってしまった。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り